<日本で輸入が規制されている品物?>

薬事法により規制を受けるもの:

海外から日本へ個人が自分で使用するために外国製医薬品または、医薬部外品、化粧品などを輸入する場合、厚生労働省等の許可なく輸入できる数量は以下のとおりです。

*医薬品および医薬部外品は用法容量から見て2か月分以内。
*要指示薬(処方箋薬)は1ヶ月以内。
*使い捨てコンタクトレンズは2か月分以内。
*外用剤(要指示薬は除く)は1品目24個以内。
*化粧品(石鹸、ハンドソープ、入浴剤等も該当)は1品目24個以内。
*医療用具は家庭用のみ1セット。

注意:海外で健康食品として販売されているものであっても、医薬品成分が含まれているものがあります。医薬品成分が検出された製品については輸入の制限を受けますのでご注意ください。

尚、薬事該当の可否については、該当品目が多岐に渡り判断が困難なことがありますので、各製品の詳細(商品説明、効能等)を入手することが必要となります。薬事上の数量超過、輸入制限品目の場合、厚生労働省の地方支部局において薬監証明を取得して輸入する方法もありますが、商品説明、処方箋、品物によっては、医師免許が必要であり個人での薬監証明取得は現実的には難しく、廃棄処分となるのが通常です。

詳細は、厚生労働省のホームページをご参照ください。

null null

null

お問い合わせ・お申込みは・・・
1800-154822
(ひっこしはにっつう)
Email:syd_removal@nittsu.com.au
ウェブサイト:www.nittsu.com.au
安心と信頼の日通の引越。
まずは、ご連絡を!