手間の掛かる引越準備も、少しのコツでぐんとスムーズに。
自分で梱包する時は、こんな所を気をつけて!
引越準備のアレコレをご紹介します。

引越しの事前準備のルール

ルール1: 使わないものから片付ける!
null
すぐに使わないものから、箱詰め開始です。シーズンオフの衣類や普段からあまり使用しない食器・物置の中身、本などは早めに荷造りしましょう。

ルール2: 重いものは小さな箱へ、軽いものは大きな箱へ。
null
本や食器など重いものは、小さなダンボール箱へ、洋服や雑貨などの軽いものは大きなダンボールへ入れます。詰めすぎると自分で持てなくなったり、破損の原因に繋がりますよ。

ルール3: ダンボール箱への目印ははっきりと!
null
何をどこに入れたか分からなくなりますので、色々な部屋のものを混ぜて入れないこと。箱の表面に「何が入っていて、どこに置く荷物か」が分かるように記載しておきましょう。

ルール4: 貴重品は必ず自分で管理する。
null
貴重品(大切な書類、パスポート、宝石等)は、荷物の中に一緒にしてはいけません。必ず自分で管理しましょう。

ルール5: 電化製品は・・・
null
冷蔵庫、洗濯機、大型テレビ、コンピューター等の移動は、引越業者に必ず事前に確認しお任せすることをお勧めします。

実際の準備のやり方

null
用意するもの:
1. ダンボール
2. マジック
3. 包装紙(新聞紙でもOK。細かいものをまとめたり、緩衝材として使用)
4. ビニール袋(細かいものを入れたり、不要なものを捨てるゴミ袋として使用)

null

食器(皿・グラス)を入れる際に重要となるポイント!
1. ダンボールの大きさは、小さい箱を使用するのが適切です。
2. 皿は立てて、コップ・茶碗はふせて入れてください。
3. 大きい重いものから入れ、上段にはなるべく軽いものを入れてください。
4. 段と段のあいだにも、新聞紙を丸めて敷いてください。
5. 重心位置があまりかたよらないように注意してください。
6. 食器が中で動かないように新聞紙等の緩衝材をいれてください。

ワンポイントアドバイス!
食器を入れる前に、ダンボールの箱の底に、緩衝のために新聞紙等を丸めて敷いてください。タオル、布巾、エプロン等を上手に使用してください。

null
1. お皿を包装紙の中央にのせ、四方を折り畳んで生きます。
2. 包んだらふせて開かないように置きます。
3. 箱詰めするときは、縦に立たせるように入れます。

null
1. 包装紙の手前角にのせ、角から丸めていきます。
2. 下を絞って、上の余った紙をグラスの中に折り込みます。
3. 箱詰めするときは、横にしないで伏せて入れます。

貴重品:
null
高価な靴・バックは、型くずれを防ぐ為に、丸めた紙をバックの中や靴の中にしっかりいれましょう。丸めた紙を隙間に詰めながら、ゆとりをもってダンボールに入れます。

包丁類:
null
包丁は、刃の部分を厚紙で包み、抜けないようにテープやゴムで巻きます。柄の部分を出しておくと包丁であることが分かり、安全です。

書籍・雑誌:
null
書籍は、小さめの箱を使い、あまりつめすぎないようにしてください。ダンボールの6割?7割程度までを詰める目安としましょう。

調味料・ビン類:
null
ビン類の梱包は注意しましょう。使いかけのものは、フタをきちんと閉めラップかビニールで口の部分を覆い、輪ゴムで止めて下さい。ダンボールに入れる場合は、ビンであることが一目でわかるようにダンボールの上蓋は開けておいた方が良いでしょう。倒れないように緩衝材でしっかり詰め物をしましょう。

null  null

引越って本当にめんどくさいものですね。
でも、日通の引越サービスなら、日通スタッフが強力サポートするので、安心です。是非、お気軽にお問い合わせください。


日通の国内引越サービスは、こちら
日通の海外引越サービスは、こちら

シドニー支店引越課
1800-154822
(ひっこしはにっつう)
syd_removal@nittsu.com.au