ワインを日本に輸入する際に、関税・酒税・消費税がかかることは、皆さんご存知ですよね。

関税・酒税は種類(スパークリング・デザート・通常のテーブルワイン)とアルコール度数、そしてワイン代金と保険料込みの宅配運賃により、容量に対して課税されます。

テーブルワインを例にとってみましょう。

【課税価格(ワイン代金と保険料込みの宅配運賃)が1万円以下の場合】
 関税: 免税
 酒税: 一本(750ml)当たり60.0円

【課税価格が1万円超10万円以下の場合】
 関税: 一本(750ml)当たり52.5円
 酒税: 一本(750ml)当たり60.0円

【課税価格が10万円超の場合】
 関税: 一本(750ml)当たり93.75円
 酒税: 一本(750ml)当たり60.0円

つまり、酒税は一律一本当たり60円が課税されますが、関税はワイン代金が高くなれば、それに従い高くなります。

それから、消費税。実際の計算式は以下の通りとなります。
{課税価格(ワイン代金と保険料込みの宅配運賃)+関税+酒税} x 4% とこれにより計算された消費税に25%を掛けた地方消費税との合算となります。消費税は、ワイン代金+運賃に加えて関税・酒税にまで、5%相当額が課税されますので、当然ワイン代金に比例することになります。

詳しくはこちらの表をご覧ください。日通オンラインショップからもご確認いただけます。






さて、ここからがお得な話です。

日通オンラインワインショップで購入されるワインの課税価格は、輸入者の個人的な使用に供される場合に限り、関税定率法第4条の6第2項の規定に基づき、ワイン代金の60%で計算されます。これは、誰もが同じ価格で購入できることや、価格の根拠(カタログのコピー等)を提出することなど、一定の条件を満たせば、適用される制度です。(残念ながら、一般の酒屋さんでお買い求めになった場合は適用されません。)

では、日通オンラインワインショップの一押し!ピーターランボール・スパークリング・シラーズ12本を送る場合を想定してみます。ピーターランボールはラベルも華やかでギフトに最適!バロッサバレーとマクラーレンベールのシラーズを素材に、伝統的シャンパンの製造手法に則って作られた、リッチなフルボディワイン。多少くせのあるレッドミートやこくのあるチーズにもよく合いますし、チョコレートデザートをも引き立てます。


(換算レートは11月16日から22日に日本で輸入通関される場合、A$1.00 = 67.23円が適用されます。)

1)ご自身でワインを購入、日通のワインジェットパック便で送った場合 ・・・・・・ 2,600円

$19.99 x 12本 (ワイン代金)+ $170.00(保険料込みワインジェットパック便運賃) = $409.88 = 27,556円

   関税: 52.5円(750ml当たり) x 12本 = 630円 ==> 600円
   酒税: 60.0円(750ml当たり) x 12本 = 720円 ==> 700円
   消費税:(27,000円 + 600円 + 700円) x 5% = 1,415円 ==> 1,300円

2)別送品として送った場合 ・・・・・・ 1,350円

帰国時に携帯する酒類を含めて3本まで免税、4本目以降に150円(750ml当たり)の簡易税率が適用されます。

3)日通オンラインワインショップで購入した場合 ・・・・・・ 700円

$19.99 x 12本 (ワイン代金) x 60% = $143.93  = 9,676円

   酒税: 60.0円(750ml当たり)x 12本 = 720円 ==> 700円
課税価格が1万円以下の場合は、関税・消費税は免税され、酒税のみ課税。

つまり、ワイン代金が同じであっても、自分で酒屋さんで買うより1,900円もお得な計算となるんです。別送品として送るよりもお得です。

これだったら、ワインショップを使わない手はないですよね!

ワインショップには日本の税金をシミュレーションできる機能が付いていますので、お好きなワインを選んで、その場で税金がわかります。あとから、びっくりすることのないように、賢く買い物したいですね。




日本の大切な人へのクリスマスプレゼントやお歳暮に、是非、日通のオンラインワインショップをご利用ください。

お問い合わせは、
オーストラリア日本通運
フリーダイヤル ひっこしはにっつう 1800 154822
syd_removal@nittsu.com.au