オーストラリアワインの持ち帰り
オーストラリア滞在の思い出としてオーストラリアワインをお持ち帰りになってはいかがでしょうか?
オーストラリア日本通運では、ご帰国に際して、ワインの注文から、当社倉庫での受け取り、専用カートンへの梱包、発送までのトータルサービスを提供します。
料金表
ワイン本数 ワインジェットパック便料金   ワイン本数 ワインジェットパック便料金
1 50ドル   11 164ドル
2 65ドル   12 170ドル
3 85ドル   18 230ドル
4 100ドル   24 270ドル
5 115ドル   30 320ドル
6 130ドル   36 360ドル
7 137ドル   42 405ドル
8 144ドル   48 440ドル
9 151ドル   54 480ドル
10 158ドル   60 510ドル
 
  • 日本ご入国時に別送品申告が必要です。携帯品を含め一人3本までが免税となります。
  • お引き受けはワインの申告価格A$5,000までとなります。
  • 料金は予告なく変更になる場合があります。
料金に含まれないもの
  • 日本で発生する関税・酒税・消費税等の公租公課
  • 通常の取扱の範囲を超える手続きや作業の提供に伴う費用
    (当社の営業時間外及び時間指定集配、開梱作業、廃材回収、配達先変更、仕訳発送、配達先追加、食品検査、内容点検、保税蔵置場の無料保管期間を超える保管料等)
  • 通常集荷区域(シドニー中心部から50キロメートル圏内)外の特別集荷料
    通常集荷区域はこちら
  • 通常配達区域(離島を除く日本全国)外の特別配達料
  • 荷受人が、日本で当社以外の通関業者を指定した場合の通関・配達料
  • 着払いの場合の手数料
お持ち帰りにあたっての留意点
ワイン(果実酒)・ブランデー・ビール・ウイスキー等の酒類については、個人の飲用(量的には10キログラム程度以内)の輸入は自由ですが、それを超える場合は、食品衛生法に基づく「輸入届出」が必要とされています。引越荷物に含まれる個人用の酒類については、従来、例外的な運用が行われてきましたが、昨今、個人用として輸入が認められる数量が制限される傾向にあります。
オーストラリア日本通運では、引越貨物(別送品)に含まれる酒類の受託条件を以下の通りとさせて頂きます。
但し、以下条件を満たしていても、必ずしも個人の飲用として輸入が認められる事を保証するものではございませんので、予めご了承ください。
  • 別送品としての酒類の受託は個人の飲用に限定し、航空便・船便、併せて60本(750mlを1本とし、5ダース・約50キログラム)までとさせて頂きます。「個人の飲用」とは、自分の家族(同居している親、配偶者、20歳以上の子供)のみで消費するものを指します。
  • 数量が上記に達しない場合でも、海外市価が約30万円を超えないものとします。
  • 携帯品として持ち帰るものを含め、成人一人当たり3本(1本760ml程度のもの)が免税となります。免税枠を超える数量については、課税されるほか、食品検査となる場合があります。検査料については実費にてご負担いただきます。
 
おすすめワインのご紹介
オーストラリア日本通運では、ビンテージセラーズ社とタイアップし、オンラインワインショップを運営しています。ビンテージセラーズ社ワインアドバイザーがおすすめする良質なオーストラリアワインを、特別価格で品揃えしていますので、是非、こちらよりお申込みください。
ご注文いただいたワインは、当社倉庫に直接搬入されますので、お客様のお手を煩わすことなく、ワイン専用カートンに梱包後、ワインジェットパック便(航空便)で発送いたします。
お手持ちのワインに追加して一緒に輸送をご希望の場合についても、オンラインワインショップよりお申込みいただけますので是非ご利用ください。
ご注文の際、用途に「別送品(引越荷物・帰国宅配便と同梱)」をお選びください。料金はお手持ちのワインの本数と合算して上記料金表にてご請求申し上げます。
 
国際宅配便運送約款」はこちら
 
 
website by Cube Net